青汁の長い歴史

青汁の起源は、元を辿れば千年以上前になるとも言われ、とても長い歴史を持っています。
平安時代に書かれた現存する最古の医学書、「医心方」にも記されているので、平安時代には間違いなく存在していたことが確認できます。
その書物によると、当時から手軽に野菜を摂取できるドリンクとして利用されることがあったそう。
しかし、主には患部に当てる、塗るといった方法で、怪我治療などに用いられることがほとんどだったようです。
というのも、植物の葉をすり潰し、今でいう漢方薬のような作り方が主流だったことが要因だといわれています。


そして、今の青汁の形になったのは、それから随分経った終戦後の話。
戦後は国内全体が食糧難に陥り、飢餓、栄養失調などの症状に悩まされる人が増え続けていました。
その解決策として、岡山出身の医学者、遠藤仁郎博士が考案したのが今の「青汁」なのです。
食料の供給不足などの影響もあり、含まれる食材は容易に手に入るものばかりでしたが、栄養素の高い飲み物として大変に注目を集めます。
実際に何人もの患者はこの青汁によって救われたといわれてます。
そして、研究を進め続けた博士は「ケール」という栄養価の高い野菜に辿りつき、より効能高いものへと進化させました。
このケールを使った作り方は現代の青汁の基礎となっており、未だに支持されている方法の一つです。